山辺・天理歯科医師会

トピックス

むし歯の進行

C1

エナメル質にとどまっているむし歯で自覚症状はまったくありません。
シュガーコントロール、プラークコントロールをしながら経過をみたり、シーラントを行ったりします。

C2

象牙質まで到達したむし歯。
冷たいものや甘いものがしみるなどの自覚症状があらわれる場合が多くなります。
レジンや金属でつめる事になります。

C3

むし歯が歯髄(神経)にまでに進行したもの。
ズキズキ痛むなどの症状がでてきます。
通常は麻酔をして神経を取り除き消毒する必要があります。

C4

むし歯が進行して歯根(歯の根)しか残っていない状態。
この段階では発症が根の先まで進行しているので、噛んだとき痛かったり、腫れたりします。

Yamabe&Tenri Dental Association

ページ終了