山辺・天理歯科医師会

トピックス

歯周病

歯周病は、病気です。年齢とともに誰でもが必ずなるものではありません。ていねいなブラッシングで、予防できますし、悪化するのを止められます。

もちろんブラッシングはしていると言われる方がほとんどだと思いますが、しっかりとすみずみまでみがけているかどうかは、また別の話です。

失って初めて実感する歯の価値。一生自分の歯で食べるためには、研修を積んだ歯科医師会の会員の歯科医院へ定期的に行き、お口の点検をしてもらうことが大切です。

歯科医師会では、80歳で御自分の歯を20本以上残そうという、8020(はちまるにいまる)運動につとめております。ぜひかかりつけの歯科医院で、患者さん各自に適したブラッシングの指導をうけて、おうちでのお手入れをがんばりながら、定期的(年に2~6回)に通院して歯石を取ってもらいましょう。

ブラッシングすると歯ぐきから血が出る。歯ぐきが腫れる。歯が動きだしてきた。口臭がある。等の自覚症状が出てから、歯科医院にこられる方が多いですが、自覚症状のないときから点検しましょう。

歯をささえているのに最も重要なのは、歯の根のまわりの骨(歯槽骨といいます)が、しっかりしているかどうかです。歯科医院でレントゲン写真をとってもらい、歯槽骨がとかされていないかどうか点検してもらいましょう。

Yamabe&Tenri Dental Association

ページ終了