健診・往診|山辺天理歯科医師会

背景色:
文字サイズ:
  • 地図

乳幼児健診:1歳半、2歳、3歳児健診

市から依頼された日程に基づき保健センターで実施しています。

妊婦健診

どうして妊娠時期の歯科健診は大切なの?
1の理由:妊娠中はむし歯、歯周病になりやすい 山辺 天理市・山辺・天理歯科医師会・科目名

妊娠中は「つわりで歯みがきができない」「食事回数や間食が増える」などの理由で口の中が不衛生になりやすい上に、「女性ホルモンの分泌が活発になって歯周炎が悪化しやすい」のです。

2の理由:むし歯はストレスへ。歯周病から低体重児や早産も。 山辺 天理市・山辺・天理歯科医師会・科目名

むし歯があることで心身のストレスにもつながります。歯周病は低体重時の出産や早産につながるとの報告もあります。

3の理由:子どものむし歯予防は、妊娠中からが効果的 山辺 天理市・山辺・天理歯科医師会・科目名

WHO(世界保健機構)によれば、むし歯菌は感染症で、感染経路は育児を担当する母親からといわれています。その根拠は「母と子のむし歯菌の量が一致する」「母と子のむし歯菌のDNAが一致する」があります。
お口の状態を把握し、妊娠中の予防と治療が大切ですね。お母さんのむし歯菌の量を少なくしたり、感染を遅らせることが子どものむし歯予防の第1歩です。
まずは、歯科健診で自分のお口の状態を確認することからはじめましょう。

あなたと生まれてくる赤ちゃんのための歯科健診を受けましょう。
天理市は、妊婦のための歯周病健診を実施しています。
対象者 2013年度に限り天理市及び山辺郡に在住の母子手帳の交付を受けた方。
※2014年度より天理市在住の方に限る。
健診内容 口腔内(歯及び歯肉)の健診、歯科保健指導。
費用 無料(健診費用は2013年度は奈良県歯科医師会、2014年度以降は天理市が負担します。)

※ただし妊婦歯周病健診無料受診券の利用は妊娠期間中に1回限りで、健診後の検査・処置を行う場合は、別途費用が発生します、その後の治療・処置などに係る費用も、自己負担。
持参物 妊婦歯周病健診無料受診券・母子手帳・健康保険証。
実施場所 妊婦歯周病健診無料受診券配布時にわたされた、天理市内の実施歯科医療機関。
健診の受け方 母子手帳の交付時に、妊婦歯周病健診無料受診券を発行します。
実施歯科医院・歯科診療所で個別歯周病健診を受診してください(受診する医療機関に電話予約)
健診を受ける時に無料受診券を医療機関受付にご提出してください。

在宅往診

準備中